不動産投資は少額からでも始められる?不動産投資の頭金について解説

2022/02/01

不動産投資を始めたいと考えている人の中には、手持ち資金がなくて始められないという方もいらっしゃるでしょう。
ある程度まとまった額のお金が必要なイメージのある不動産投資ですが、少額からでも始めることはできるのでしょうか。
本記事では、不動産投資を少額からでも始めることができるのか、解説していきたいと思います。

不動産投資は少額からでも始められる?

不動産投資を始めるにはまとまったお金が必要なイメージを持っている方もいらっしゃるでしょう。
一方で、「自己資金なしで不動産投資を始めた」といった話を、書籍やインターネットなどで見かけたことがあるか方もいらっしゃるかもしれません。
実際に、不動産投資を少額から始めることは可能なのでしょうか?

基本的には物件価格の1~3割程度頭金が必要

不動産投資を始めるには、基本的には物件価格の1~3割程度の頭金(自己資金)が必要と考えた方がよいでしょう。
数年前は、不動産投資ブームで不動産の価値が年々上がっていたこともあり、自己資金が少なくても融資してくれるケースもありましたが、最近では金融機関も融資に慎重なケースが多く、頭金を求められるのが一般的です。

頭金がなくても不動産投資を始められるケースとは?

一方、頭金がなくても不動産投資を始められるケースはあります。
具体的には以下のようなものです。
土地を持っている場合
・都心でワンルームマンションを購入する場合

まず、土地を持っている場合は土地に資産価値があるため、仮にローンの返済が滞っても土地ごと競売にかけることができます。
このため、例え自己資金がなかったり少額だったりしても融資を受けやすいというわけです。

また、都心のワンルームマンションについてもフルローン(物件価格の100%分の融資)を受けられることがあります。
これは、立地のよさから資産価値が高いと判断されることなどが理由として挙げられるでしょう。

  自己資金 理由
一般的な不動産投資 1~3割程度以上必要 --
土地オーナーが新築アパートやマンションで不動産経営 なくても可能 土地に資産価値があるから
都心のワンルームマンション フルローンを受けられるケースもある 立地など条件がよいことが多いから

不動産投資を少額で始めるのは危険?

上記通り、不動産投資を始めるのには物件価格の1~3割程度の自己資金を用意しなければならないのが一般的です。

例えば、3,000万円のアパートを購入するのであれば300~900万円、1億円の1棟ものマンションを購入するのであれば1,000~3,000万円です。

フルローンで組んでしまうと、毎月の返済額が大きくなってしまい負担も増えます。

金融機関によっては、条件次第で自己資金が少なくても融資を認めてくれる可能性がありますが、少額で不動産投資を始めるのは危険だともいえます。

不動産投資にはさまざまなリスクがある

不動産投資にはさまざまなリスクがあります。
何らかのトラブルが起こり、家賃収入が滞ってしまう、空室が続いてしまうなどで赤字になってしまう可能性もあります。
物件購入時に頭金を多く入れていれば、毎月のローン返済額を少なくすることができるため、リスク軽減につなげられるでしょう。

なお、不動産投資のリスクについては以下記事で詳しく解説しています。
>>不動産投資 リスク

土地を持っているのであれば少額で始めるのもあり

一方、土地を持っている方であれば手持ち資金が少ない状態で初めても問題ないといえるでしょう。
土地も資産価値のあるものなので、土地を持っているということは、ある意味最初から土地の価値分の頭金を保有しているようなものです。

例えば、1,000万円の土地に2,000万円のアパートを建てて不動産投資を始めるようなケースであれば、2,000万円満額で融資を受けても、仮に表面利回り8%程度で毎年240万円の収益が見込めるようなケースなど、比較的余裕をもって経営していけるはずです。
>>不動産投資 利回り

不動産投資を始めるにはまとまった額の自己資金があったほうがよい

不動産投資を少額から始められるかどうか、についてお伝えしました。
昨今では金融機関も融資に消極的なことが多く、不動産投資を始めるにあたり1~3割程度の自己資金が必要なのが一般的です。
不動産投資にはさまざまなリスクがあることもあり、これから始めたいと思っている方は、まずはまとまった額の自己資金を用意することから始めるのがおすすめです。

© 2022 マネニュー