貯蓄型の生命保険とは?メリット・デメリットや向いている人を解説

2022/02/14

貯蓄型の生命保険についてご存知でしょうか。
貯蓄型の生命保険は、保障と貯蓄の特徴を併せ持った保険商品です。
掛け捨て型の生命保険はもったいないと感じている方にとって、おすすめできる保険といえるでしょう。
本記事では、貯蓄型の生命保険についてご紹介します。
この記事を読めば、貯蓄型の生命保険の概要やメリット・デメリットについて理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

貯蓄型の生命保険とは?

貯蓄型の生命保険とは、保障と貯蓄の特徴を併せ持った保険商品です。
毎月保険料を支払うことで万が一の場合には保障が得られるうえに、貯蓄までできる商品であり、資産形成の面でもおすすめできるでしょう。

貯蓄型生命保険の種類としては、以下の表の通りとなっています。

保険種類 概要
終身保険 被保険者が死亡したときに死亡保険金を受け取れる保険。満期がなく、保障は一生涯続きます。
養老保険 満期がある貯蓄型の保険。被保険者が死亡した際には死亡保険金、生存したまま一定期間の契約を続けて満期を迎えると満期保険金が受け取れます。
民間介護保険 所定の介護状態になった場合、保険金として介護一時金を受け取れます。
学資保険 将来の子どもの教育費に備える保険で、契約時に設定した支払開始年齢になったタイミングで保険金を受け取れます。
個人年金保険 公的年金とは別に、民間の保険を利用した私的年金を準備するための保険です。

貯蓄型生命保険のメリット

貯蓄型生命保険のメリットにはどのような点が挙げられるでしょうか。
貯蓄型生命保険のメリットについて以下の通りご紹介します。
・保険料が掛け捨てにならない
・資産運用としても使える

保険料が掛け捨てにならない

貯蓄型生命保険の場合、保険料が掛け捨てにならない点はメリットといえるでしょう。
養老保険などの保険期間が定められている保険であれば、保険期間満了時には満期保険金を受け取ることができます。また仮に途中で解約する場合であっても、解約返戻金を受け取れます。解約返戻金は時間の経過とともに増加しますが、お金が必要なタイミングで解約することも可能です。

資産運用としても使える

貯蓄型生命保険は、資産運用の手段として使える点もメリットといえます。
貯蓄型保険は、払込期間終了後に一定期間経過すると、払込保険料を上回る金額の満期保険金や解約返戻金を受け取ることが可能です。
貯蓄型生命保険は、毎月保険料の一部が積み立てられていく仕組みです。
そのため、中々自分では貯金が難しいといった方でも貯蓄型生命保険を活用することで、老後の資産形成にも活用できるでしょう。

貯蓄型生命保険のデメリット

貯蓄型生命保険のメリットについてご紹介してきましたが、デメリットにはどのような点が挙げられるでしょうか。
貯蓄型生命保険のデメリットについて以下の通りご紹介します。
・保険料が高い
・契約後しばらくは解約返戻金が少ない

保険料が高い

貯蓄型保険は「保障」と「貯蓄」の機能を併せ持った商品です。
定期預金などの貯蓄商品に比べて保障部分のコストがかかってしまうため、保険料が高くなってしまう点はデメリットといえるでしょう。
また、掛け捨て型生命保険の場合は貯蓄の機能を持っていないため、保険料は安く抑えられます。
ご自身のニーズに合わせて、貯蓄型や掛け捨て型の使い分けが重要です。

契約後しばらくは解約返戻金が少ない

貯蓄型生命保険は、契約後しばらくは解約返戻金が少ないといったデメリットが挙げられるでしょう。
貯蓄型生命保険は解約する時期によっては解約返戻金額が払込保険料を下回る可能性が高くなります。貯蓄型生命保険は、支払保険料がそのまま積み立てられるわけではなく必要経費などが差し引かれているため、年数が経たないと元本割れしてしまいます。

貯蓄型生命保険はこんな人におすすめ

貯蓄型生命保険のメリット・デメリットについてご紹介してきました。
では、貯蓄型生命保険はどのような人におすすめできるでしょうか。
以下の通りご紹介します。
・貯蓄が苦手な人
・将来的に必要な資金が決まっている人
・資産運用をしたい人

貯蓄が苦手な人

貯蓄型生命保険は、貯蓄が苦手な人におすすめできるでしょう。
毎月の収入から計画的に貯金できる人であれば、必ずしも貯蓄型生命保険を活用する必要はありません。
しかしながら、こうした貯蓄が苦手な人にとっては、将来必要となる資金を蓄えていくことは困難です。貯蓄型生命保険は毎月強制的に保険料を引き落としながら、万が一の保障と貯蓄が同時に行えますので、貯蓄が苦手な人でも無理なく始められます。

将来的に必要な資金が決まっている人

将来的に必要な資金が決まっている人にはおすすめです。
将来的に必要な資金が決まっていれば、目的をもって貯蓄できるため、資金計画が立てやすい点もおすすめできる点でしょう。

資産運用をしたい人

貯蓄型生命保険は、資産運用をしたい人にもおすすめです。
例えば、外貨建てでの貯蓄型生命保険であれば、為替が円安になると値上がり益が期待できるでしょう。
また、市場価格調整のある商品を選べば、金利動向によって利益がでる可能性もあります。
しかし、為替リスクや手数料も十分に理解した上で検討しましょう。

貯蓄型生命保険を活用して資産形成に役立てよう

本記事では、貯蓄型生命保険についてご紹介してきました。
貯蓄型生命保険のメリットやデメリットについて理解できたことでしょう。
貯蓄型生命保険は、上手に活用することで、万が一の場合の保障と合わせて、将来的な資産形成にも役立てられる商品です。
将来設計を考えるうえでの1つの手段として検討してみてはいかがでしょうか。

© 2022 マネニュー