【国公立・私立】大学でかかる教育費はどのくらい?仕送りなどと併せて解説

2021/11/30

小さな子供がいる家庭において、子供が大学進学した場合の教育費がどのくらいかかるか気になる方は多いのではないでしょうか。
大学でかかる学費は、「国公立・私立」「文系・理系」「自宅・下宿」といった要因で大きく異なるものです。
本記事では、大学入学から卒業までの教育費について国公立私立別などに分けてご紹介します。
本記事を読めば、大学進学した場合に卒業までに必要となる教育費用の金額や用途について理解できることでしょう。

国公立の大学で卒業までにかかる教育費はどのくらい?

国公立大学に進学した場合、教育費はどのくらいかかるのでしょうか。
国公立大学に進学した場合の教育費について以下の通りご紹介します。
自宅通学と自宅外通学でどのくらい違う?
・学校外の学習費用には何がある?
それぞれ見ていきましょう。

自宅通学と自宅外通学でどのくらい違う?

国公立大学に進学した場合、卒業までの学費はどのくらいかかるでしょうか。
日本政策金融公庫「令和2年度 教育費負担の実態調査」によると国公立大学に進学した場合にかかる学費・生活費は以下の通りです。

  自宅通学 自宅外通学
国公立大学 約537万円 約937.5万円

私立大学と比べて比較的費用が掛からずに済むと言われる国公立大学であっても、自宅通学で約537万円、自宅外通学だと約937.5万円必要となります。

学費以外の費用には何がある?

国公立大学に進学した場合の学費・生活費について上記の通りご紹介しましたが、学費以外の費用としてはどのような費用が考えられるでしょうか。
学校外の学習費用としては、以下のような例が考えられます。
・食費
・住居費
・通信費
・水道光熱費
・保健衛生費
・趣味嗜好費
・サークル活動などの交際費
・免許取得費用
・資格取得費用
・交際費

私立の大学で卒業までにかかる教育費はどのくらい?

国公立大学へ進学した場合の学費・生活費についてご紹介しました。
では、私立大学へ進学した場合には、どのくらい費用がかかるでしょうか。
文系・理系別で比較!私立大学の教育費を見てみよう
・学費以外の費用には何がある?

文系・理系別で比較!私立大学の教育費を見てみよう

私立大学に進学した場合、文系・理系によって学費が異なります。
日本政策金融公庫「令和2年度 教育費負担の実態調査」によると国公立大学に進学した場合にかかる学費・生活費は以下の通りです。

文系・理系の別 自宅通学 自宅外通学
文系 約703.5万円 約1104.0万円
理系 約863.0万円 約1263.5万円

自宅通学であるか自宅外通学であるかによって、生活費の支出に大きな差が出てくるでしょう。
特に医学部や歯学部・薬学部といった学部へ進学した場合、卒業までの期間が6年と長くなります。
上記表では、あくまで文系・理系別の4年間での学費を計算しているものです。
修士課程や博士課程に進んだ場合には更に費用が発生することを考慮しておきましょう。
私立大学の場合、授業料の他に、施設費や研修費用といった費用が必要となる場合も多く、国公立大学への進学と比べても費用が高い傾向にあります。

学費以外の費用には何がある?

私立大学に進学した場合の学費・生活費についてご紹介しました。
では、学費以外の費用としてどのような費用が挙げられるでしょうか。
学費以外の費用については、国公立大学の場合と大差はありませんが、以下のような例が考えられるでしょう。
・食費
・住居費
・通信費
・水道光熱費
・保健衛生費
・趣味嗜好費
・サークル活動などの交際費
・免許取得費用
・資格取得費用
・交際費

大学進学費用は思った以上に必要!備えておくことが重要!

大学進学における教育費についてご紹介しました。
国公立であるか私立であるかの違いや文系・理系の別、自宅通学か自宅外通学かによって大きく差が出ることが理解できたのではないでしょうか。
子を持つ親としては、子供が大学進学を希望した場合、できるだけ希望を叶えたいものです。
しかしながら、子供が大学進学となった場合、例え国公立大学であったとしても思っていた以上に費用がかかってしまいます。
そのためにも、早いうちから備えておくことが重要といえるでしょう。

© 2022 マネニュー