外食産業2018年12月売上、全体で売上高は102.1%〜28ヶ月連続の上昇〜

日本フードサービス協会が行う外食産業の市場動向調査の2018年12月の結果が発表されました。

2018年12月は、振替休日により土日祝日数が1日多い曜日まわりのなか、各種キャンペーンや季節商品の訴求などが奏功したところが多かったFFに牽引され、全体の売上は102.1%と28ヵ月連続して前年を上回りました。一方FRやパブ・居酒屋などでは集客に苦戦するところが多く、特にパブ・居酒屋は忘年会需要が思ったほど振るわず売上99.4%と前年を下回りました。

【外食産業市場動向調査 売上高前年同月比の推移】


(注)日本フードサービス協会公表資料よりミライズまとめ。 以下同様

  • 外食産業全体の売上高は前年同月比102.1%となっていて、28ヶ月連続のプラス圏です。

 

【外食産業市場動向調査 利用客数前年同月比の推移】

  • 2018年12月の利用客数は前年同月比101.2%と5ヶ月連続で前年を上回りました。

 

【外食産業市場動向調査 客単価前年同月比の推移】

  • 2018年12月の客単価は全体が前年同月比100.9%と3ヶ月連続で前年を上回りました。



業態別の概況:

  • ファーストフード業態
    • 全体売上はは103.7%と前年を上回りました。
    • 「洋風」は、各社まちまちであったが季節商品やクリスマスのチキン販売の好調などで105.5%でした。
    • 「和風」は、定食メニューの好調などで客単価上昇、売上102.7%でした。
    • 「麺類」は、店舗数増で、売上102.0%でした。
    • 「持ち帰り米飯・回転寿司」は、「回転寿司」でちょい飲み企画や年末需要が好調だったところもありましたが、店舗減で売上は99.9%でした。
    • 「その他」は、「アイスクリーム」がクリスマスセールの好調や暖冬傾向で伸び、売上104.1%となりました。
  • ファミリーレストラン業態
    • 全体売上は100.3%とわずかに前年を上回りました。
    • 「洋風」は高付加価値メニューへの支持が一定程度続いているものの、一部では携帯アプリのクーポンによる値引きもあり客単価が低下、客数の減少もあって売上は99.3%となりました。
    • 「和風」は暖冬傾向で鍋など季節商品が振るわないところもあり、売上98.9%でした。
    • 「中華」は、引き続きキャンペーンや店舗数増で、売上は102.5%でした。
    • 「焼き肉」は年末需要などが堅調で、売上は103.8%と、25ヵ月連続して売上は前年を上回りました。
  • パブ・居酒屋業態
    • 飲酒業態は、近年の宴会の少人数化などもあり、忘年会需要が思ったほど伸びず、また金曜日が1日少ない曜日まわりで前年を下回る結果となりました。
    • 「パブ・ビアホール」は、宴会需要は弱かったものの、営業時間の繰上げやハッピーアワーの強化などで、売上100.7%でした。
    • 「居酒屋」は、売上99.0%となりました。
  • ディナーレストラン業態
    • 平日の集客や忘年会需要に苦戦したところもあったが、既存店対策強化や、大型の新店効果などにより、売上は103.0%となりました。
  •  喫茶業態
    • 商業施設立地の店が振るわないところや、朝食とランチ以外の時間帯の集客に苦戦したところがあり、売上は99.1%となりました。

 

 


過去のデータはこちらからどうぞ

最新オリジナルニュースやジャンル別の記事については、ホームへ どうぞ。