米国市場では、株式よりも米国債が選好されている

米国では、先物のポジションが投資主体別に公表されています。

U.S. COMMODITY FUTURES TRADING COMMISSION

上記の情報に基づいて作成された下記のグラフによるとT-Bond先物へのcommercialsの買いが増えています。このcommercialsとは、ヘッジサイドの実需筋が多いと言われ、個人投資家や投機筋より情報優位な立場の投資主体と考えられています。

FRBの金融政策の正常化に伴いイールドカーブのフラット化、逆イールド化が注視されている状況下で、米国株の調整とともにT-Bond先物の投資主体の一つであるcommercialsが米国債を選好しているということは、彼らが米国景気の先行きに慎重になり始めた兆候ともみてとれます。

また、米国株の益回りや配当利回りより、利回り約3%ある米国債が選好されて、株式から債券へ資金移動しはじめた可能性もあります。

FRB議長が株価調整の洗礼を受け、金融政策の正常化スピードを緩やかにすることが期待されていますが、正常化の流れ自体は変わらないので、上記の点も注視していくべきではないでしょうか。

 

 

最新オリジナルニュースやジャンル別の記事については、ホームへ どうぞ。