ビットコインはまだ生きています。現在の市場の状況

2015年8月2日

「自由な通貨」として世界に広まっている仮想通貨ビットコイン。一時は日本からの投資かも集まりつつありましたが、

取引所「MTGOX(マウントゴックス)」でのコイン消失事件ですっかり、下火になってしまっています。

運営会社社長のマルク・カルプレス容疑者(30)は逮捕される事態となり、外部からのハッキングによる被害とされてきた事件は

社長のカルプレス氏自信の関与が疑われている。しかしこれは運営会社と数多くある取引所の運営会社の問題であり、ビットコイン自体は生き延びている。

 

2010年に0.09ドル(11円程度)が現在は279.11ドル(約34610円)と3000倍以上の値上がりとなっているビットコイン市場。

このコインは政府の保証や中央銀行とはなんの関連もないものであり、つねに信用上の問題は解決できない。

 

 

【ビットコインの市場価格 1ビットコインあたりの米国ドルでの価値】

Set of black business icons. Items such as graph, delivery, bag, start up, basket, money, dollar, megaphone arrow percent briefcase pig moneybox on white background

 

しかし、逆に政府に管理されない、政府のリスクと関連のない通貨としての価値は存在する。信用力の弱い国の通貨を使用するよりも信頼できると思う人は世界中にいるようだ。

インドネシアやロシアでは取引が禁止されており、市場を閉鎖させようという動きがある中で、取引数は増え続けている。

現在17万件近い取引が行われている。

 

【日次取引件数の推移】

Set of black business icons. Items such as graph, delivery, bag, start up, basket, money, dollar, megaphone arrow percent briefcase pig moneybox on white background

 

市場価値はまだまだ少額でありながら、現在4,051百万ドル(5,023億円)まで回復してきている。

中国、米国での人気が根強く、取引所も代表的なものはかなり安定してきている。しかし値動きの荒さや、取引所がまだ小規模で安全性は低いことから

大きなリスクが存在することを忘れてはならない。

 

[SetAd category =”I”]

 

【ビットコインの時価総額】

Set of black business icons. Items such as graph, delivery, bag, start up, basket, money, dollar, megaphone arrow percent briefcase pig moneybox on white background

 

 

信用度の問題や、取引所の運営会社の信用、取引参加者の使用目的(マネーロンダリング等)の問題もあり、すぐに成長することが難しいが、これららの問題が解決されれば、

小さい先物市場よりもすでに大きくなっていることから、金融緩和でじゃぶつく市場の資金が向かう先としてビットコインが選ばれても不思議はない。

これからも資金の流れや、取引状況、参加者の動向を見守っていきたい。

 

取引所・販売所の一覧


 

以下のような取引所があります。取引については十分な注意が必要です。

信用度や安全性はなにも保証がありません。詳細は各取引所、販売所の情報を参照してください。

名称 種類 取引手数料 信用取引
BTCボックス 取引所 0% なし
coincheck 取引所 0% 最大2倍
Zaif Exchange 取引所 -0.1%~0% なし
bitFlyer Lightning 取引所 0% なし
bitFlyer 販売所 0%
bitbankwallet 販売所 9%