【収入】日本を支える中小企業の月給はどれだけ上がる? JAM(ものづくり産業労働組合)の春闘速報 最高水準!

2015年4月3日

産業別労働組合「ものづくり産業労働組合(JAM)」は31日、2015年春闘に関する同日までの回答状況を発表。

JAMはは、機械・金属産業を中心とする産業に働く35万人のための産業別労働組合です。

 

JAMが労組の回答を集計していますが、2015年3月31日に発表された段階で、

回答のあった640労組のうち363労組が基本給を底上げするベースアップ(ベア)の提示を受けています。どの程度の水準か見てみましょう。

 

 

CH043_L

 

ベア獲得組合の平均金額は1933円で、3月末時点で比較すると前年同時期の1554円を上回りJAM発足以降で最高の水準です。

 

 まだこれから回答を受ける労組が多い状況であり、あくまでも3/31の速報値ですが、業種別、規模別、地方別で給与アップ状況を報告します。

(出典:「ものづくり産業労働組合(JAM)」ホームページ発表)

 

業種別回答数と平均回答金額(2015年3月31日ベース)


【業種別ベア平均額】

業種 件数 平均額(円)
鉄鋼業 18 1,894
非鉄金属 16 2,306
金属製品 37 1,703
一般機械 166 1,867
電気機械 47 2,003
輸送機械 37 1,751
精密機械 16 2,195
その他 26 2,447

非鉄金属、電気機械、その他で2000円を超える回答となっています。

 

[SetAd category =”K”] 

 

規模別回答数と平均回答額(2015年3月31日ベース)


【規模別ベア平均金額】

規模 件数 金額(円)
1~299人 243 1,849
1~99人 120 1,805
100~299人 123 1,892
300~499人 42 1,981
500~999人 38 2,030
1000人以上 28 2,186
3000人以上 12 2,565

規模が大きいほど金額は大きく、最小の1~99人で1805円となっています。

3000人以上の企業であると、2,565円と大きな伸びとなっています。

 

地方別回答数と平均回答額(2015年3月31日ベース)


【エリア別ベア平均金額】

順位 エリア 件数 金額(円)
1 北海道 3 2,520
2 東京千葉 40 2,492
3 北関東 49 2,468
4 南東北 14 2,179
5 新潟 14 2,170
6 大阪 83 2,166
7 神奈川 35 2,145
8 静岡 27 2,054
9 山陽 41 2,038
10 四国 8 1,989
11 京滋 38 1,968
12 九州・山口 17 1,917
13 東海 70 1,834
14 甲信 15 1,779
15 北陸 24 1,741
16 北東北 7 1,415
17 山陰 7 981

ランキング形式に報告します。

1位が北海道、2位東京千葉、3位が北関東となっています。山陰・北東北は現状厳しい水準となっています。

 

 

 最新オリジナルニュースやジャンル別の記事については、ホームへ どうぞ。 

 

 

関連記事 


 

他の給与動向については

【収入】春闘回答速報(3/20版最新)2015年 あなたの給料どれくらい上がるのかな?給料アップ一覧にしてみました。

【データ】金融機関の春闘ベア状況 2015年度 速報データ